岩﨑 研究室

染色体ダイナミズムの時空間制御

の分子メカニズム

 

   M6棟4階

(大岡山キャンパス)

 

スタッフ:

 岩崎 博史 教授

 坪内 英生 助教

 

> 研究室ホームページ

岩﨑 教授
岩﨑 教授

坪内 助教


 

 相同組換えは、遺伝的多様性の創出やDNA修復に中心的な役割を果たしています。この相同組換え、DNA複製や転写と同様、すべての地球上の生物がもっている根源的な機能です。しかし、この反応の根源的分子機構は、未だに不明な部分が多く、核内イベントの研究者にとって、最後の未解決問題といっても過言ではないでしょう。

 相同組換え反応のエッセンスは、アクロバティックなDNAのコピーアンドペーストです。一見無謀ともいえるほど極めて危険な反応を、なぜ地球上のすべての生物は必要とするのだろうか?また、この危険な反応をどのように正確に行っているのだろうか? このような問題意識で日々研究を行っています。

 

代表的論文

  • Tsutsui Y, Kurokawa Y, Ito K, Siddique MS, Kawano Y, Yamao F & Iwasaki H (2014) Multiple regulation of Rad51-mediated homologous recombination by fission yeast fbh1.  PLoS Genet. 28. e1004542
  • Murayama Y, Kurokawa Y, Tsutsui Y & Iwasaki H (2013) Dual regulation of Dmc1-driven DNA strand exchange by Swi5-Sfr1 activation and Rad22 inhibition. Genes Dev.  27, 2299-2304
  • Murayama Y, Tsutui, Y & Iwasaki H (2011) The fission yeast meiosis-specific Dmc1 recombinase mediates formation and branch migration of Holliday junctions by preferentially promoting strand-exchange in a direction opposite to that of Rad51. Genes Dev.  25, 516-527